妊婦さんでも虫歯治療はできます

>

不安なものは歯科医師に相談してみよう

歯科治療に際しての心配事

薬や麻酔、レントゲン写真など赤ちゃんへの影響はないのか心配する方もいらっしゃるのではないでしょうか。
麻酔は、ごく少量での局所麻酔ですので安定期ならば胎児への影響はありません。
注射した口のまわりでほとんどの成分は分解されてしまいます。
痛みを我慢するストレスの方が悪影響を及ぼします。
ただ、アレルギーを起こしたことがある場合は事前に伝えておきましょう。
レントゲンも量が非常に少なく、最近使われているデジタルレントゲンでは放射線量はかなり抑えられていますし、撮影をする口と子宮は離れていますので大丈夫です。
さらに鉛のエプロンを装着することによって、放射能を遮断すると安心です。
どうしても虫歯が痛む場合など薬を服用する場合があります。
妊娠中はアセトアミノフェンという比較的安全な鎮痛剤が処方されます。

注意しなけれならない治療

通常の虫歯に比べて、親知らずを抜く治療は、抜歯後に回復に時間がかかったり、抗生物質・痛み止めが必要になる場合もあります。
痛みや腫れがひどければ、薬を飲まずに耐えるのも辛いですよね。
妊娠前に心配な親知らずは抜歯しておくことも考えてみましょう。
インプラント治療は、外科的手術が必要です。
急いでしなければならない治療ではありませんし、抗生物質を服用しなければならないので、一般的には妊娠中は行いません。
また、授乳にも影響してきますので、出産後授乳時期が終わってからおこないましょう。
赤ちゃんへの影響を考えると、薬は避けた方が無難ですが、歯医者さんが処方してくれたものなら安心です。
しかし、定められた量は必ず守って服薬しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る