妊婦さんでも虫歯治療はできます

>

治療は妊娠中期に

安定期になったら歯科治療

歯科治療を受診する場合には、母子健康手帳を提示して、もし産婦人科医から注意を受けていることがあれば伝えるようにしましょう。
途中体調が悪くなったらすぐに伝えて治療は中止してもらいましょう。
妊娠初期は、胎児の形成期で一番不安定な時期となります。
この時期は痛み止めなどの対処療法に留めておきましょう。
妊娠中期は、母体・胎児共比較的安定しています。
この時期の治療がおすすめです。
不安な場合には、出産後に処置してもらいましょう。
妊娠後期は、子宮底があがり、心臓や肺まで圧迫されるので、動悸息切れがおこります。
歯科治療は可能ですが、長時間同じ姿勢だと腹部を圧迫します。
つわりがおさまる妊娠中期頃には、必要な歯科治療を済ませたいものです。
出産までに終了しないと分娩時に歯が痛いといきんで食いしばることができませんし、臨月にはお腹が重くて椅子であおむけになれない場合もあります。

虫歯や歯周病は早めに治療しましょう

妊娠中であっても虫歯治療はできます。
歯を削ったり詰め物をすることは、問題ありません。
放っておくとどんどん進行していきますし、出産と重ならないよう早めに治していきましょう。
時期によって控える方がいい場合は応急処置がしてもらえますので、まず歯科医院に行くことをおすすめします。
歯周病は、特に妊娠中にはなりやすいので、早めに受診しましょう。
歯石取などの治療も受けることは出来ます。
矯正治療についても特に問題はありません。
痛みは長くても1週間程度で引いていきますので、大きなストレスはありません。
ワイヤーブラケット矯正などは、痛みが強くならないようにワイヤーのテンションを調整してもらえます。
ただし、つわりなどで矯正装置が汚れやすいため、こまめに手入れが必要です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る