妊婦さんでも虫歯治療はできます

>

妊娠中にお口をメンテナンスしよう

妊婦中のお口の状態

妊娠によってエストロゲン、プロゲステロンといった女性ホルモンの分泌が急激に増加します。
ホルモンバランスが崩れてしまうと、免疫力が低下してしまい、歯周病菌の細菌が増殖してしまいます。
歯肉が腫れたり出血する状態を「妊娠性歯周炎」といいますが、放置すると歯周病になってしまい、進行すると炎症によってサイトカインが血中に入り、早産の確率が高くなります。
食生活やライフスタイルも乱れてしまい、栄養が偏ってしまいます。
甘いお菓子や酸味の強い食品などを取ってしまいます。
子宮で胃が圧迫されたり、つわりの影響で食事があまり取れない状態であるため、間食の回数も多くなってしまいます。
歯磨きも困難になるために口腔ケアも不十分になりがちで、虫歯になる可能性が高くなってしまいます。
また唾液の分泌も減少してしまい、菌や歯垢が増えていくと口の中はねばねばした状態になります。

妊娠中の口腔ケア

妊娠中の歯周病などの疾患は、全身に悪影響を及ぼしてしまいます。
またホルモンバランスから歯周炎になりやすくなっていますので、普段以上に口腔ケアに気を付けましょう。
食事や間食の回数が増えてしまいますので、こまめに歯磨きやうがいをする必要があります。
つわりの時には、歯磨きがしやすいようにヘッドの小さい柔らかめの毛の歯ブラシで香りの強くない歯磨き粉を使うといいでしょう、難しいなら無理をせずに洗口剤でのうがいやキシリトール入りのガムをかむだけでも有効です。
また、嗜好が変わりがちですが、糖分が多かったり酸性の食品は控えましょう。
栄養障害も起きやすくなっていますので、バランスのよい食事をとるように心がけましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る