妊娠中の歯科治療はできるの?必要な口内ケアとは

妊婦さんでも虫歯治療はできます

妊娠中の口腔内には注意が必要

よく妊娠すると赤ちゃんにカルシウムを奪われるから歯がぼろぼろになるとか、昔は一子を得ると一歯を失うともいわれていました。
もちろん小魚やひじきなどのカルシウムやお米やリン、たんぱく質、ビダミンC・Dなど赤ちゃんのためには、バランスのとれた食事が大切となります。
また、妊娠すると妊婦検診として歯科検診がある自治体があります。
心や体が大きく変化して、ホルモンなどの影響により虫歯や歯周病などができやすくなるためです。
しかし、特に初めて妊娠する方は分からないこともたくさんあると思います。
普段通っている歯医者さんで妊娠中でも歯科治療が受けられるのか不安になりますよね。
レントゲン撮影は赤ちゃんに良くないのではないでしょうか。
麻酔は使っていいのでしょうか。
もし使えないのなら痛みを我慢しなければいけないのでしょうか。
色々な疑問がわいてきますよね。
でも実際は、歯科治療を受けるリスクより歯周病・虫歯などの悪化の方がリスクは高くなります。
必要ならば積極的に行くことをおすすめします。
治療をしておくことでお母さんや赤ちゃんの健康を守りましょう。
赤ちゃんが生まれると、通院する時間の余裕もなくなりますよね。
お母さんが虫歯だと赤ちゃんに移ってしまうかもしれませんよ。
妊娠中にしっかりお口のメンテナンスをしておきましょう。
妊娠中に、どのような治療が行えるのか、また自宅でどのようにして口内ケアを行ったらいいのかを詳しく調べてみましょう。

おすすめリンク

TOPへ戻る